「不眠症」そのストレスを解消しよう

眠れる解決策のヒントがあるかも

HOME → 不眠症でお悩みの方への口コミ情報

若者にも多く見られる不眠症

不眠症は若者とは無縁と考えられるかもしれませんが、現代社会の発達を背景に若者であっても不眠症の症状が出る人が増えています。原因として考えられるのは、勉強や受験等のストレスのほか、就職活動によるプレッシャーなどが挙げられます。有名な学校であれば受験の競争率も激化しており、就職率も悪い状態が続いていることから、精神的にダメージを受けやすい環境になっているといえます。またスマートフォンに依存することで不眠症になってしまうケースもあります。寝る前にずっと携帯を見ていると、寝付きが悪くなってしまったり、SNSなどによって絶えず友人から連絡が来るような環境になっていることも一因といえます。夏休みなどの長期休暇を挟むことで、生活リズムが乱れ不眠となるパターンもあります。

うつ病と不眠症

うつ病と不眠症とは密接な相関関係があります。一般的なうつ病のイメージは、いつも塞ぎこんでいて寝たきり、休んだきりというものですが、それとは逆に病人の心には激しい葛藤が渦巻いています。常に絶えることの無い焦燥感、不安、イライラ、そうした感情を抱きながらも、何も出来なくなってしまう状態がうつ病なのです。そのため、ベッドに入って落ち着いている状態の時ほど、将来のことや、現状への焦りが募り眠れなくなります。そしてその不眠が症状をエスカレートさせていくという悪循環を生み出します。周囲の人間に出来ることとしては、無理に治さなくてもいいと伝えてあげることと、本人が受け取る情報量を少なくしてあげることです。睡眠も含め、落ち着いて病気と向き合えるような環境を整えてあげましょう。

不眠症になりにくい食事とは

現在の日本では、5人に1人の割合で不眠症に悩んでいるといわれており、どんな年代の方でも悩まされる症状なのです。日常の中で受けるストレスや、睡眠環境に問題がある場合が多いですが、食事に関しても見直すことで不眠が改善できることがあります。まず飲み物に関してですが、カフェインなどは摂取しすぎないようにし、牛乳などを飲むと効果的です。牛乳には神経を落ち着かせる作用を持つ、タンパク質やカルシウムが多く含まれています。体内のリズムを整え、睡眠の質をあげることができるので、就寝前に温かい牛乳を飲むといいでしょう。食べ物は、バナナがおすすめです。カロリーが低い割にタンパク質やビタミンを多く含んでいて、質の良い睡眠にかかせないセロトニンを生成する手助けを行ってくれます。