視力の健康に関する口コミ情報

目の健康ってとても重要なことなのです

HOME → 視力に関するお知らせ情報

近視について学ぼう 視力の悩みはいろいろ

近視について
「近視」の方は、眼球が通常の方よりも大きく、眼軸が伸びているのです。そして、それを縮めることはまったく不可能なのです。でも、角膜の屈折を変化させることで視力を復活させるのが「放射状角膜切開術」という方法で視力を回復させるのです。この手術では、近視が回復軽減しますが、逆に危険性があることも否めません。例を上げると、けっこう深めに傷つけないと屈折度に変化はなく、しかも屈折度が不安定で遠視になる方がいるのが現状です。いろんな危険性を考えたうえで、また長期の時間をみて必要かを考え、本当に手術を受けるべきか判断すべきなのです。

裸眼視力は日本人の場合、0.1ほどの方が多いです。これらの方が老眼になると、一方は逆にメガネなしで見えるという利点があることをご存知でしょうか?手術を受けた場合、両目が1.0以上の裸眼視力回復が得られる場合があります。

乱視について少し語ります

乱視は症状によって対処が違います。乱視とは、角膜や水晶体がズレて、見るものの像が網膜に送られるまでに乱れるという屈折異常のことです。だから、乱視になると、二重に見えたり、ぼやけて見えたりするわけです。乱視のない方の目が丸い玉とするなら、乱視の方の目はが円形の玉のような形になっています。角膜や水晶体がズレてしまっているため縦横の焦点が合わずに見えなくなるのです。乱視にもたくさん種類があり、乱視と近視、遠視を一緒のタイミングで併発していることがあるので、その方に合った対処法が必要なのです。乱視の症状が軽ければ、メガネなどアイテムを使用することもできますが、あまりにも強い乱視だと難しく矯正しきれません。コンタクトレンズのアイテムの方が、強い乱視にはいいみたいです。乱視矯正用のコンタクトレンズもあります。最近、乱視の視力回復に有効といわれているのが、エキシマレーザーでの「角膜屈折矯正手術」これが「レーシック」です。でも、屈折度数に制限があり、全ての乱視の回復に有効というわけではありません。

視力回復手術のレーシックが評判です

レーシックとは欧米から発祥して、世界中で注目されている視力回復方法です。アメリカ食品医薬品局が「エキシマレーザー治療」といわれる矯正手術を許可を出したことにより、普及されました。レーシック手術で両目を手術した場合、約20〜25分間ほどで終了するため、手軽に受けやすいのです。全世界で年間数百万人が、すでに受けていると言われているこのレーシック手術。日本では平成12年に厚生労働省が認可を出しました。最近では、有名人、著名人、プロスポーツ選手などに大人気で、レーシック手術を受ける方が増えています。その影響で、一般の方にも増えているようです。多くの方が疑問に思う第一位は「入院が必要なのか」で、レーシックは目の手術なので入院が必要と思われる方が多いようですが、実際は受けた当日にスグ帰宅出来るという、とても簡単な手術なのです。